ヘビープロファイル、マリンプロファイル & レール

詳細情報になります。

機会の説明

 

建設、海事、鉄道の需要に応じて、ヘビープロファイル、マリンプロファイル、およびレールを生産する能力1.6 mtpaの製造工場を設置する。

 

需要 & 投資概要

 

  • KSA市場規模 USD Mn
  • 2018年: 848
  • 2020年: 943
  • 2025年: 1,109
  • 2030年: 1,234
  • 2035年: 1,375
  • 成長率: 約2.9%

 

投資のハイライト

 

  • 予想される投資規模: USD 800 Mn。
  • 工場の能力: 1.6 mtpa。
  • 予想されるIRR: 9%。
  • 予想される回収期間: 9.23年。

 

バリュープロポジション

 

  • KSAの豊富な鉱物資源により、鉱業および金属産業がサウジの産業基盤の「第三の柱」となる予定である。
  • KSAの地理的利点と隣国との貿易協定は、輸出を有利にする。
  • KSAは、国に輸入される価値が最も高い金属である鋼鉄の輸入を削減することを目指している。
  • KSAは、国の多様化の目標を支援する持続可能で世界的に競争力のある付加価値のある半製品および完成品金属産業(ダウンストリーム)の開発に取り組んでいる。

 

主要な需要ドライバー

 

  • 建設業界は、2018年から2025年にかけてCAGR 4.3%で成長し、その後2025年以降も2.3%で成長が続き、KSAでのヘビーセクションの需要が増加すると予想されている。
  • サウジアラビア鉄道(SAR)からのレールの需要は、鉄道路線の拡張と中央地域から東部および北部地域への新しい開発により、CAGR 1.55%で増加すると予想されている。
  • ラス・アル・カイル産業都市の造船所は、2021年の運用開始以降、電球型フラット、Tセクション、Lセクション、フラット、ロッドなどの特殊造船用鋼プロファイルを年間約60 ktpa必要とする。

 

  • 市場概要

グローバルトレンド

 

  • 鋼鉄需要は2021年に1,717 Mtに達すると予想され、COVID-19の危機により減少した2020年から3.8%増加する。
  • 2021年には、先進国からの鋼鉄需要が2020年の減少から7.8%回復すると予想される。
  • 開発途上国(中国を除く)では、2020年の大幅な減少から2021年に9.2%の大幅な回復が期待される。
  • 世界のレールプロファイルの需要は2018年に6億6000万ドルであり、2019年から2025年にかけてのCAGR 4.3%で成長し、8億9000万ドルに達すると予想される。

 

供給

 

スケーラビリティとローカライゼーションのグレードは、低、中、高とされています。

スケーラビリティとローカライゼーション

 

    1. 原材料(液体鋼)は、ラス・アル・カイル産業都市で開発される統合製鋼プラント(ペレタイジングDRI製鋼)から入手可能です。
    2. DRIは、KSAが現在年間8百万トンの生産能力を持つ複数のサプライヤーからも国内で調達できます。
    3. マリンプロファイルとヘビープロファイルはラス・アル・カイル産業都市で製造可能です。

 

輸入依存

 

    1. 現在のヘビープロファイル、マリンプロファイル、およびレールに対する需要の100%は輸入によって満たされています。
    2. 2019年には、ヘビーセクションが700千トン、レールが385千トン輸入されました。

 

可能にする要因

 

    1. サウジ産業開発基金(SIDF)により、プロジェクト資金の最大75%までが提供されます。
    2. 融資の返済について2年間の猶予期間があります。
    3. HRDFは、サウジの従業員の月給の30-50%(女性の場合はさらに10%)を2年間カバーし、USD 4000を超えない場合に提供されます​​。
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights