サウジアラビアの進出についてのガイドライン

SAUD Iinformation カテゴリーなし



サウジアラビアへの進出は、多くの企業にとって新たなビジネスチャンスをもたらします。その大きなマーケットと経済的な可能性は、各企業にとって魅力的な要素です。しかし、サウジアラビアへの進出には、多くの手続きと条件が伴います。これらの詳細を理解することで、よりスムーズな進出とビジネス展開が可能となります。

【費用と期間】

サウジアラビアへの進出には、一般的に3ヶ月程度の時間が必要です。費用は、企業の規模によりますが、80K (小企業)から115K (大企業)となります。これにはVISA申請や銀行口座開設などの費用も含まれます。VISAはマネージャー分のみが含まれ、マネージャーが現地に住む必要はありません。

【VISA費用】

1年間のVISA費用は、従業員とオーナーを含めて1人あたり18K〜19K dhsとなります。これには保険やVISAなどの費用も含まれます。

一方で、初めて雇う従業員はサウジアラビア人でなければならないというルールがあります。これは政府がサウジアラビア人の就職を斡旋したいための政策です。サウジアラビア人1人に対して外国人4人まで雇用が可能です。2人目以降の従業員はサウジアラビア人でなくても構いません。

【ドバイとサウジの違い】

ドバイとサウジアラビアは、ビジネスを行う上でいくつかの違いがあります。サウジアラビアは大きなマーケットを持っており、2034年にはワールドカップが開催されるなど、その成長の可能性は大きいです。また、500件以上の企業が進出しており、中東の会社はサウジアラビアを起点にして他国のブランチをコントロールするビジネスモデルが主流となっています。一方、ドバイは設立が簡単でコストが低いというメリットがあります。

【サウジアラビアの現状】

サウジアラビアはこれから発展していく国と言えます。2030年に向けた経済計画があり、2034年にはワールドカップが開催される予定です。また、ルールはどんどん変わるため、サウジアラビアには11のミニストリーが存在します。これらのミニストリーは国の政策やビジネス環境の変化を監視し、それに対応するための政策を策定します。

【エージェントの特徴】

私たちのエージェントは、サウジアラビア進出の全般的なサポートが可能です。10年以上のサウジアラビアでの経験を持ち、常に新しい情報を共有することができます。また、大学などと提携しているので、就職斡旋が可能であり、1人目のサウジアラビア人従業員を見つけるサポートも行っています。サービス料は10%のコミッションとなります。

【条件】

サウジアラビアでのビジネス展開には、いくつかの条件があります。例えば、日本に支店が既にある企業のみがブランチを設立することができます。もし外国に会社がない場合、サウジアラビアで新しい会社を開設することはできません。ただし、ブランチをサウジアラビアに開設することは可能です。

【TAX】

サウジアラビアでは、様々な税金が課されます。コーポレイトTAXは20%、ローカルTAXは2.5%、VAT(Value Added TAX)は15%、Withholding TAX(源泉徴収税)は5-20%となります。例えば、利益が1millionの場合、持株60%からの20%のTAXと持株40%(ローカル)からの2.5%のTAXが課されます。

サウジアラビア進出は費用や手続きが必要ですが、その大きなマーケットと成長の可能性は、多くの企業にとって大きなチャンスを提供しています。進出を検討する企業は、このガイドを参考に、より具体的な準備と計画を進めていくことをお勧めします。

Follow me!

Saudi Arabiaにはチャンスがあります。

最近の記事

  1. 法人設立までの総合案内

PROJECT

Calendar

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Archives

サービス

会社

採用情報

PAGE TOP
Verified by MonsterInsights